【スクスタ】ドリームライブパレードが想像以上に面白かったので色々まとめてみた。

スポンサーリンク

【スクスタ】ドリームライブパレードが想像以上に面白かったので色々まとめてみた。

まず、ドリームライブイベント(DLP)とはスクスタ内で開催されるイベントのひとつです。

それぞれステージという階層が用意されており、各ステージにはクリア目標となる目標ボルテージが設定されています。

この目標ボルテージをクリアしていく事で次のステージに進む事ができる仕様となっています。

DLP最大の魅力は新アクセサリーの入手です。DLPを攻略していく事で、通常プレイで入手できない性能の新アクセサリーを入手する事ができます。

ドリームライブパレードの基本的なルール

・スクールアイドル毎(カード)の使用回数制限あり。※かなり重要

・ステージは全部で30ステージ。(階層が上がる毎に難易度が上がる)

・楽曲に参加させる際に必要なPPは1PP。※9人配置なので必ず9PP使用する。

・各キャラ共通でPPの回復は3回まで。(1PP回復にパフォーマンスドリンクorラブカスター5個使用)

※PP回復を行った場合、イベント期間中に使用できるPPは1キャラ辺り最大5PP(全員回復含む)となります。(イベントの時期によりボーナス効果としてPPが増加するグループあり)

・PP回復を上限まで行ってしまった場合、イベント期間中は最終日前日に行える全員回復を使うまで使用不可。

※全員回復を行なってもアイテムを使ったPP回復の数は回復しない。

・イベント最終日の前日に全員回復が使用可能。(ボーナス効果として増加しているキャラはその分も回復する)

・フレンド、ゲストは使用不可。

・LP消費はありません。※LPの代わりがPPになります。

・ドロップアイテムは無し。

☆クリアステージの進行状況は、次回のイベント開催時に持ち越されます。DLPで獲得したメダルとパフォーマンスドリンクは次回のイベントへ持ち越しが可能。

DLP攻略は焦らなくても大丈夫!?

DLPの開催期間は4日間と短い期間での開催です。今回はプレイベントという事もあり、今後どのタイミングで開催されるかはわかりません。おそらく月1回イベントの間に挟むイメージでサイクル化されるのではないかと思います。

アプリ内のお知らせにもありました様にDLPの進行状況と獲得したメダルや回復アイテムは引き継がれるそうなので、その期間中に「絶対クリアしなくちゃ!」という事はありません。新アクセサリーが早く欲しいという方は頑張りましょう!

進行状況が持ち越される点はこれからの初心者にも優しい。育成がまだまだであっても突撃しておくだけでステージを進めておく事ができるので、今回無理でも次がある。自分のペースでクリアしていきましょう。

下記からは攻略について説明していきます。

スクールアイドルの使用制限に気をつける!

DLPではステージに入る毎に必ず9人編成を行うので、ライブを開始する度に9PP消費する事になります。

つまり仮にどんなに順調に進んでも30ステージとなれば270PP使用する事になります。ここで「このイベント難しくね?」と感じたら正解です。かなり頭を使うイベントになります。手持ちキャラの育成状況を把握して、いかに少ない手数で目標ボルテージギリギリでクリアできるかがこのDLP攻略の最大の鍵になります。

そこで問題点とするのがキャラの使用回数。この使用回数制限が結構厳しい。

簡単に説明しますと、最初のステージから強キャラでガンガン進むと必ず積みます。このイベントはいかに効率よく立ち回りコマを進める事ができるか?というイベントです。

では、ここでキャラ(カード)の使用制限についておさらいしていきます。

※イベント開催期間中、基本1キャラ(カード)使用できる回数は最大で5回まで(基本PP×1・PP回復×3・全員回復×1)

※ボーナス対象のスクールアイドルは基本PP×2全員回復も同様にPP×2回復。

この2点からいかに前半戦、自慢の強キャラを使わずに進む事ができるかが重要なのか分かります。

前半戦はSR・Rのキャラで編成して突破して、後半戦でURキャラを含めた編成で目標ボルテージを達成していくスタイルをおすすめします。

楽曲のクリア条件さえ満たせばクリア!?

各ステージのライブ楽曲にはステージクリア条件となる目標ボルテージが設定されています。

重要:DLPでのライブは、目標ボルテージを1回のライブでクリアしないといけない事はありません。

複数回挑戦しても、合計でその目標ボルテージを超える事ができればステージクリアとなります。

つまり前半戦から中盤に入りSR・R編成で1回での突破が困難となるステージが現れても2回目以降の再チャレンジでは、前回獲得したボルテージを引き継ぎボルテージが加算されていきます。

その為、結論としては何回挑戦しても合計でその目標ボルテージを突破できればステージクリアとなります。

よくあるゲームのボス攻略戦に近いイメージです。

ステージをボスとして目標ボルテージをボスのHPと考えたら、本当に良くあるRPGっぽく感じませんか?本格的にRPGっぽくなっていて燃えちゃいますね!

・目標ボルテージにギリギリ足りなかった時。

・後半戦の難易度が高いステージが登場した際に戦力が厳しいとなった場合。

SR・Rキャラを上手く使い目標ボルテージへ調整を行うのも戦略です。

手持ちがなくなり、複数回挑戦しないともう無理だと思えるところまできたら、何度もアタックして目標ボルテージへ近づける様にR・SRキャラで削って仕舞いましょう。パワーが足りなければ数で勝負するのもひとつのプレイスタイルです。

結果として目標ボルテージを超えればステージクリアなので、手持ちを確認しながら上手く調整して突破していきましょう!

ライブ中のリタイアも1つの策

ライブが終了する前にリタイアをする事でPPを消費する事なく、もう一度ライブを行う事ができます。プレイ中思っていた様に上手くいかなかった場合には、ライブを途中で中断してリタイアしましょう。もう一度編成等を考え直して再び挑戦して少しでも高いボルテージが出せる様にしましょう!

ステージ毎にメイン作戦の属性を合わせるべし!

前半戦のステージでは比較的簡単な難易度で設定されていますが、後半戦へ突入するとステージの難易度は上がってきます。

また、DLPのライブにも各楽曲に属性・特徴がある事を忘れてはいけません。その特徴によるデバフ効果もライブ楽曲同様に存在します。

このライブの特徴は通常のライブ楽曲同様に[〇〇属性以外の〇〇減少]・[〇〇属性以外の基本〇〇減少]といった内容が用意されているので必ずチェックしておきましょう。

属性一致を心がけよう!

属性を合わせた編成を行う事でデバフ効果を受ける効果を無視する事ができます。つまり効果解除を早い段階で使わずに済みます。

更にステージ楽曲をプレイする際、ライブの編成に配置したキャラと楽曲の属性が一致した場合、そのキャラのパラメータは全て1.2倍となります。

育成途中のキャラであっても多少の補正で結果は大きく変わります。特にメイン作戦へ配置する点取り役は、可能な限り属性を合わせる様にしましょう。

未育成のキャラが多い場合は、ライブ中スタミナが足りなくなる場合もあるでしょう。

スタミナ不足はボルテージに大きく影響するので、サブ作戦のキャラ(特にスタミナタンク)とするサブ作戦のキャラも属性を合わせる様にしておきましょう。

メイン作戦?サブ作戦?

作戦の配置について詳しく分からない方へ簡単に簡単にご説明します。

まず、中央の作戦でSP特技対象となるキャラを編成した作戦(アピール・特技を活かす作戦)をメイン作戦と呼んでいます。

このメイン作戦は主に点取り役。RPGで例えるならアタッカーといった方が分かりやすいでしょう。

※メイン作戦で求める特技・個性はボルテージの獲得やアピール増加など。対象は同作戦であると更に良い。

次にサブ作戦ですが主に補助役です。スタミナタンクやSPゲージ関連の調整等を目的とした作戦です。

この2つの作戦を活かしながらメイン作戦のキャラを支え強化していきます。

サブ作戦へ同属性アピール+といったパッシブスキルを持ったキャラを編成する事でメイン作戦のキャラを更に強化する事ができます。

 

減少効果解除ができる楽曲とできない楽曲とは?

ここで先ほどのライブ楽曲の特徴についておおまかに説明します。

ライブ楽曲の特徴を見てみると[〇〇属性以外の〇〇減少]・[〇〇属性以外の基本〇〇減少]この2つの条件のどちらかが記載されています。

それでは、この2つの違いを下記で説明していきます。このデバフ対象はDLPのステージクリアはもちろん通常の楽曲攻略の際にも大事な事なので覚えておきましょう。

〇〇属性以外の〇〇減少

この効果の解決策は2つあります。1つは属性を合わせる事。2つ目は「効果解除」のライブスキルを持ったキャラを編成して発動させる事で解決できます。

特にメイン作戦はアピール値が重要となるので、この効果が使えるライブ楽曲では必ず活かしておきたいスキルです。

効果解除ができるキャラは下記の様になります。

効果解除キャラ一覧
キャラ条件確率
UR 桜内 梨子作戦切替時30%
UR 松浦 果南作戦切替時20%
UR 中須 かすみSP特技発動時50%
SR 矢澤 にこSP特技発動時50%
SR 東條 希SP特技発動時50%
SR 朝香 果林作戦切替時20%

この中では作戦切り替えで発動する事ができるUR 桜内 梨子が最もおすすめです。所持していない場合はUR 松浦 果南・SR 朝香 果林が良いでしょう。最短で最初の切り替えで解除できる点は効果解除要員としては強い!

次にSP特技で発動できるUR 中須かすみ・SR矢澤 にこ・SR 東條 希この3キャラはSP特技発動時なので時間がかかってしまいます。それでも確率は50%と高い点は強みでしょう。楽曲開始時にSPゲージ獲得が行えるスキルを持ったキャラを編成できれば早い段階で解除が狙えます。

〇〇属性以外の基本〇〇減少

この効果は属性を合わせる以外に解決策はありません。効果解除が通用しない為、可能な限り属性を一致させた編成を作りましょう。

属性が一致しないキャラは編成には向きません。しかしどうしても手持ちが足りない場合は、サブ作戦の個性やアクセサリー・ひらめきスキルなどできる限り高めて上げましょう。

効果解除ができるキャラは可能な限り後半まで残しておきましょう。

キャラの選択肢が減ってしまう後半戦は「効果解除」を所持しているかどうかで、獲得できるボルテージ量は大幅に変わってきます。切り札の意味も込めてとっておきましょう。

攻略のカギはアクセサリー?

DLPではキャラの使用制限がありますが、アクセサリーの使用制限はありません。

っとなれば常にアクセサリーの効果は活かす事ができます。アクセサリーを作り上げておく事ができたなら、キャラクターのパラメータも大きく影響していきます。

スクスタのアクセサリーはRPGの武器同然。武器無しでボスには勝てません!次回DLPイベント開催時までに可能な限り作り揃えておく様にしましょう。

特にブローチはアピール値を増加させる事ができるので、各属性1本ずつ完凸程度に作っておけると良いでしょう。

アクセサリーの配置はメイン作戦へブローチ。サブ作戦へブレスレットorネックレスが◎です。

・ブローチはメイン作戦のアピール増加

・ブレスレットはSPゲージの獲得

・ネックレスはダメージ軽減 ※総スタミナが低い場合は特に!!

以上の3点を属性一致させ配置する事ができるとステージクリアの近道になるでしょう。

ライブ中の操作は手動?オート?

ライブ中の操作は基本的に手動が良いです。オートはミスやコンボが切れることはありませんが、GREAT以上の判定は出ません。※CRITICAL除く

ノーツ処理時の判定で得られる補正は下記の様になります。

ノーツ処理の判定補正
WONDERFULx1.2
GREATx1.1
NICEx1
BADx0.8
MISSx0

GREATの判定は基本1.1倍に対してWONDERFULは1.2倍。これをノーツ数で計算するとその差は大きく広がります。

オートプレイのメリットは作戦切り替え・SP特技の発動や調整を行える点。そして何より手軽さでしょう。

しかしDLPでは手軽さを主に考えて進んでいくと徐々に厳しくなります。それは得られたはずのボルテージを捨ててしまっているだけでなく、中途半端に足りないところでキャラを使ってしまいPPを無駄に消費してしまいます。最終的に手数不足になり全ステージの攻略が厳しくなりますので手動でのクリアを目指しましょう。

DLPの感想・今後の攻略へ向けての課題

まず全体的にこれまでのラブライブ!ゲームには無い真新しさを感じました。

DLPプレイベントと言うことでしたが、改めてこのスクスタと言うゲームを考えさせられました。

強キャラがあればクリアできる程、簡単なゲームではない!と感じたイベントでした。普段プレイしている上では倉庫番となってしまうレアリティの低いR・SRキャラにも視点がいき育成はもちろん組み合わせも考え直す様になりました。

スクスタ初心者に向けた配慮も含めて開催期間が短いのも◎です。

初心者の立場から考えれば手数が少ないのでクリアが難しく、おいてきぼりになってしまう恐れは十分にあります。

廃課金者目線では目的がアクセサリーなので、あの手のこの手で押し通してしまう場合も・・・。

どちらにせよキャラの使い方を間違えたらゲームオーバーとなるので、よく考えてプレイする必要があるのでとても面白いイベントでした。

次回DLP攻略の為にも3つ学んでおく事がありましたので参考までに。

・アクセサリーの強化と育成 ※特にブローチ完凸複数。

・キャラの育成 R〜SRまでのキャラを徹底的に強化。

・R〜SRキャラも合宿を行いひらめきスキルを付ける様にする。

以上の3点を今後の課題として日々育成に取り組んでいけたならDLPの攻略は少し楽になるのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました