スクスタ情報まとめ・感想

スポンサーリンク

9月26日配信 スクスタ情報まとめ・感想

先日行われたスクフェス感謝祭2019で発表されました。ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS(スクスタ)の情報含め個人的な感想込みでまとめました。

 

 

スポンサーリンク

スクスタはリズムゲーム(音ゲー)ではなくリズムアクションRPG

スクスタは、これまでのラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)のリズムゲームの形ではありません。作戦や編成を考える「あなた」が「スクールアイドル」を応援してライブを成功に導いていくリズムアクションRPGです。

 

スクスタの基本的なゲームサイクル

主人公である「あなた」が「μ’s」「 Aqours」「虹ヶ咲スクールアイドル同好会」のメンバー達を育成して編成ライブで応援といったサイクルになります。

育成モード

 

育成モードではスクールアイドルそれぞれの育成ツリーを進めていく事で、「パラメータの上昇」や「覚醒」「個性レベル」「新衣装の解放」「ナビボイス」「サイドエピソード」など使用できるコンテンツが解放されていきます。育成ツリーを解放していくには各種アイテムが必要になります。このアイテムは合宿で入手していく事ができます。

育成モード:衣装

SR以上のカードには3D衣装が付いてきます。育成ツリーを解放する事で自分好みの衣装にカスタマイズする事ができます。ユニット編成時にキャラクターそれぞれ個別に設定できるので、ライブ時に統一させるも良し、好きな衣装で行うも良しといった自由度の高い要素になっています。

衣装が着せ替えの役割でありメンバーのステータスに関わらないものであれば、スクフェスの時の「この衣装可愛い衣装だけど性能が!」っといったカードに残念な思いをした点がここで大きく解消されたと言えます。性能を考えずに衣装を自由に着せる事ができる点はユーザーにとって大きなメリットでしょう。

合宿モード

合宿ではデフォルメされたメンバーがワイワイ楽しむ光景を見ることができます。

合宿する事で育成アイテムを多く入手できる他に、合宿でしか入手できないアイテムもある様です。合宿に参加する事でひらめきスキルが入手する事もあります。

 

キズナ

スクールアイドルの育成には「キズナ」要素が含まれます。

メンバーをライブに参加させてライブをクリアしたり、会話してコミュニケーションをとる事で信頼関係が上昇し、一定まで上がるとキズナレベルを上げる事ができます。キズナレベルを上げる事でパラメーターにボーナスが加算される他にキズナストーリーの解放やスキルツリーのアイテムを入手する事ができます。キズナの最大値を高めるには、そのスクールアイドルのカードを複数入手する必要があります。例えば穂乃果ちゃんの異なるカードを複数所持している場合、その分だけ最大値が高くなる様です。

 

ライブモード

スクスタの物語を進めていく事で重要な要素が「ライブ」

このライブでは、ダンスパフォーマンスを完全再現されたライブシーンをフル3DCGモデルで楽しむ事ができます。

リズムアクションの要素はここに含まれており、左右から流れるノーツを処理していきながら作戦の切り替え、SP特技の発動を行いながらライブの攻略を目指します。

ノーツの種類は通常のタップノーツから長押しノーツ、同時タップノーツ、フリックノーツ(4方向)の4種類が存在します。

これらのノーツを処理しながらボルテージ=スコアを高め攻略していきます。

ライブモード:作戦

編成したユニットの作戦を発動する事ができ、ライブ中に左右のマークから作戦を切り替える事が可能です。またユニットを組む際に3人ごとそれぞれの作戦を設定する事が可能です。状況に応じて切り替える事も重要になってくるのでしょう。

ライブモード:ノーツを処理しても体力が減る!?

スクスタのライブではノーツを処理するだけではクリアする事はできません。ノーツを処理する事で体力が減少していきます。また体力が減少する事に比例してボルテージの獲得量も減少していきます。体力によってはクリアが難しいステージもあるのかもしれません。

ライブモード:SP特技

SP特技ではSPゲージが溜まると発動する事ができます。

SPゲージが溜まった後にボタンを押すと特技をSP特技を発動!

SP特技が発動する事でボルテージ(スコア)を大量に獲得する事ができます。またボルテージ(スコア)以外にも様々な効果をもつSP特技がある様です。

この時の発動にはユニット編成時に表示されているSP特技対象メンバーが表示され発動します。

 

ライブモード:まとめ

ノーツの処理をする事で上昇するのが、ボルテージ(スコア)作戦変更、SP特技ゲージ。

ノーツの処理をする事で減少していくのは体力。

つまりメンバーの育成をしっかり行い、体力管理をしながらノーツを処理していく事が攻略の鍵になりそうです。

ユニットの編成

 

 

1のデッキに編成できるユニットは9人。この9人の編成を上手く行う事が攻略への近道です。

ユニットのメンバーには属性が6種類あります。以前公式アカウントで毎日紹介されていたキャラクターの背景色(ピンク、緑、青、赤、黄、紫)が属性だった様ですね。メンバーの左下に表示されているアイコンが属性になるのでしょう。恐らくカードのレアリティなどで同じメンバーでも属性は異なっていくでしょう。

 

 

 

 

 

 


楽曲にも属性があるので楽曲とメンバーの属性を合わせる事も重要になります。またタイプは4種類存在しておりそれぞれの長所と短所を考え編成する必要があります。またメンバーにはそれぞれアクセサリーを装備する事ができます。アクセサリーを装備する事で各能力の補正ができます。

 

 

勧誘ガチャ

スクールアイドルとのキズナを深めるのに大事な勧誘ガチャ。スクフェス同様に最高レアリティはURです。このURを入手する事がスクスタ攻略の最大の鍵でしょう。またURですがよ〜く見てみると5個マークが表示されていますね。これはスクフェスで言うスロットに近いものと考えてください。この5個のマークがカードの上限解放になります。カードの上限解放をする事で育成ツリーが伸び、メンバーの能力を最大限までに引き出す事ができます。

また手に入れたカードからメンバーの衣装を手に入れるツリーを解放する事ができるので衣装を手に入れる為にもガチャは必須ですね。

スクスタ部員紹介動画:μ’s

スクスタ部員紹介動画:Aqours

スクスタ部員紹介動画:虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

スクフェスとの連動

これまでのスクフェスのアカウントを連動する事でプレイヤーランクやアルバムの数によってスクスタで報酬がもらえます。

またスクスタで達成する事でもスクフェスに報酬が入る様になるので相互に報酬を得る事ができます。

UR確定勧誘チケット、ラブカストーン、ラブカスターと嬉しい報酬が盛りだくさんなので、スクフェスとスクスタ両方とも頑張りましょう!

 

まとめ

これまでのスクフェス衣装のイラストを描き下ろし、その衣装も3DCGで作られている点にはこれまでのスクフェスへの愛を感じました。この衣装の点はスクフェスユーザーとしてかなり嬉しい点です。

普通にリズムゲームをするだけではクリアできない点は、単純なゲームではなく。ユーザーを飽きさせない為に戦略を考えさせる要素を加え、組み合わせや考え方で新しい発見や面白さがきっと見つかる。そんな新しい楽しみ方が詰まっている様に感じました。

育成ツリーに関しては恐らくメンバーそれぞれに元となるツリーが存在していて、そこにカードのツリーが組み合わさっていく様に感じました。上限解放がスクフェスよりも難易度が上がってしまっていますが、これだけ面白い作品に仕上がっている事を考えると、ガチャそのものにも楽しみになっています。

リリースまであと少しですが楽しみにしております。

長文になりましたがここまでお読み頂きありがとうございました。

 

 

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS

KLab Inc.posted withアプリーチ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました